スポンサーリンク

レンタルサーバーはどれを選ぶ?X-Serverとさくら、両方を使ってわかったそれぞれの良さ

person holding silver iPhone 6本日のお仕事
Photo by William Iven on Unsplash

WordPressでブログを開設するときに、まず必要なものは

  • サーバー
  • ドメイン

の2つです。

どちらもインターネット上でレンタル契約をすることになります。

サーバーもドメインも、たくさんの会社が取り扱っていますので、自分のやりたいブログ運営のスタイルに合ったところを探して契約するのがいいでしょう。

たとえば初心者で、「ファイルをサーバーにアップロードする」ということが、どんなことかわからないという場合には、わからないことを聞けるようなサポート体制のしっかりとしたところ。

「もう既にいくつかブログを作っているけれど、他のレンタルサーバーのサービスも使って比べてみたい。そのための費用は抑えたい」という場合は、レンタル費用のお安いところ、といった具合です。

ちなみに私は、

プライベートのオタク活動では「さくらのレンタルサーバー」
お仕事としてとらえているブログは「X-Server」
を利用しています。
「さくらのサーバー」には別のところから「引っ越して」いますので、実際に使ったのは3社ですね。
今回は、「自分で実際に使って感じている、レンタルサーバーの違い」についての記事です。

「X-Server」を選んだ理由と使い勝手のこと

私が「X-Server」を選んだのは、完全に追従した結果です。

ざっとブログの解説方法などをネットで調べてみると、「X-Server」にしておけ説が大勢を占めていると感じられました。

それが2008年の春だったので、最近は少し変わってきているのかもしれません。

とはいえ、当時の世の中の意見に従った、と。

いわば「長い物には巻かれろ」方式ですね。

なんとなくイヤな気がしますか?

それが案外、そうでもないんです。

 

「長い物には巻かれろ」方式の良さ

実は私、自他ともに認める「少数派」。マイノリティです

それは趣味志向はもちろん、生き方そのものにかかわるような分野にも及んでいまして、正直、ものすごく生きづらいと感じることがしょっちゅうあるんですね。

誰かに頼ることも苦手なので、「教えてください!」と気楽にお願いすることもできません。
ネットで情報発信をされている方々って、根っからの親切さんばかりだと思います。
コメントなどで(礼儀正しく)お尋ねすれば、教えてくださるとは思うのですが、どうも二の足を踏んでしまうんですよね。
正直言って、わからないことは誰か知っている人に教えてもらう、というのが一番早いし確実です。
けれども、それができない場合はどうするか?
答えは「検索あるのみ」です。
そこで重要になってくるのが、疑問質問に対する検索結果の数。
マイナーな質問に対する検索結果は寂しいものです。
私はよく、「検索結果8件」なんていう画面を拝みますからね。
(しかも、その中に欲しい結果ではないものも混ざっているという…)
ここまで少ないものは例外としても、「レンタルサーバー」は情報を得やすいジャンルだと思います。
レンタルサーバーを契約している人は、何らかの形で情報発信をしていることが多いはず。
その中で、レンタルサーバーの選び方やトラブル、設定についての情報や感想が出てくることも、また多いと考えられるからです。
さらに、そのレンタルサーバーの「実際のユーザー数」が多ければ多いほど、疑問の解決に役立つ情報を探し出せる可能性が高いといえるでしょう。
そこで、「X-Server」です。
「高速」とか「安定している」とか、「高負荷に耐える」ということも確かに大事です。
ですが、初心者にとって、それらが「メリット」になるのはまだまだ先のこと。
実際、3年目のはずの私も、未だにそれらの良さを感じた経験はありません。(遅すぎる)
重要なのは「国内シェアNo.1」、ただそれだけです。
そもそもマイノリティを自認する私ですが、メジャーの良さは認識しています。
マイノリティにとって、メジャーは決して敵ではありません。
力を貸してもらうことで、自分の趣味志向を世に打ち出すことができるのですから。
まぁ、打ち出したところで、反応が返ってくることはまれではありましょうが。

「X-Server」の使い勝手のこと

マニュアルが充実しています。
手順がわかっていれば、全くの初心者さんでも、作業は難しくなさそう。

そんな感想を持っています。

ですが、「ドメインを持ってサーバーを借りた初心者さん」が、次にどうすればいいのか、はサーバーパネルを一見しただけではわからないでしょう。

X-Serverサーバーパネル

X-Serverサーバーパネル(クリックで拡大します)

項目がいっぱいあります。
こんなにすることがあるのか、できるかなと不安になるかもしれませんね。

大丈夫

ブログ開設をする際には、さわらないところもいっぱいあります。
と、いいますか、初めのうちはさわらなくていい項目の方が多いです。

これはある意味当然で、レンタルサーバーには「ブログを開設したいと思っている人」以外のニーズもあるからです。

ですから、「ブログを開設したい初心者さん」は、あわてず騒がず「検索」をしましょう。
そうすれば、すぐに欲しい情報が手に入ることが、メジャーの強みです。

ちなみに正解は、

右上の「ドメイン」から「ドメイン設定」を行った後、
左下の「WordPress」から「WordPress簡単インストール」をする
という流れとなります。
どの作業をするにも、作業項目が細かく分かれており、することはシンプルです。
選ぶ場所を間違えなければ、作業は難しくありません。
また、一度WordPressをインストールし、必要な設定を全部終えてしまった後は、サーバーパネルを見に来ることもほとんどないはずです。
  • 大切なのは「初期設定」を確実に終えること。
  • そしてそのために必要な情報を得やすいかどうか。
また、もうひとつ特筆しておきたいのが、「常時SSL化」が無料、かつ簡単にできることです。
本来は「.htaccess」という特別なファイルを書いてアップロードする、など、初心者にとっては少し複雑なことをしなければいけません。
しなければしないで特にペナルティはありませんが、ブログのセキュリティに関わってくる設定ですから、しておくに越したことはありません。
それも、できるだけ早いうちに。
ただ、私のこれまでの経験から考えて、初心者さんにとっては挫折する可能性のある作業だと思います。
こんなところで挫折するのはもったいないので、これからブログを始めるためにレンタルサーバーのことを調べている、という初心者さんは、このメリットをぜひ覚えておいてください。
「X-Server」の使い勝手の良さは、
「するべきことがわかっている人」にとっては、「作業項目が選びやすく、すぐに実行できる」
「何から始めたらいいのかわからない」人は、「ブログ開設の手順を検索しながら、その通りに実行できる」
こんなところにあると思います。

「さくらのレンタルサーバ」を選んだ理由と使い勝手のこと

laptop computer on glass-top table

Photo by Carlos Muza on Unsplash

私がオタク活動、すなわち二次創作系の小説を掲載するために契約したのが「さくらのレンタルサーバ」です。

やっぱり「長い物には巻かれろ」方式の良さ

当時も「X-Server」はありましたが、「さくらのレンタルサーバ」に比べて少し取っつきにくい、という印象で、同人系では「さくら」が主流だったと記憶しています。
つまり、その時も「みんなが使っているから、私もそうしましょう」という理由でした。
だってそうでしょう?
「ホームページ」はあくまで手段です!この感情を発散させる場所が必要なだけなんです!!
っていうオタクちゃんにとってはですよ、「ホームページ制作」ごときでつまずいてなどいられないわけです。
ならば、もしトラブルになった場合、すぐに解決できる、聞くことができる(可能性が高い)手段を選ぶのが最善な策ですよ。understand?
現在の「さくら」は老舗的な立ち位置のようですが、コントロールパネルなどもアップデートされていたりして使い勝手の改善も図られていますね。
「さくらのレンタルサーバ」のいいところは、「ライトプラン」のコストパフォーマンスの良さ
年額1,571円でサイトが持てて、メールアドレスをいくつも作って運用できるんです。
私は両親に格安SIMのスマホを勧め、それぞれにさくらのメールアドレスを作って設定しました。
機種変更どころか、キャリアを乗り換えても同じメールアドレスが使えます。
ですが、この「ライトプラン」は良くも悪くも昔の規格でして、WordPressをインストールすることができないという泣き所があるんですね。
ほら、昔はHTMLとかCSSをFTPでアップロードしてたから…
WordPressなんて、難しいだけでちっともきれいなデザインができないって思われてたから…
あぁ、時代の流れって速いのね。
としみじみ思った次第ですが、ライトより上位のプランならWordPressはもちろん使用可能です。
スタンダードプランは月額524円、年一括払いなら、約2ヶ月分お得な5,238円。
あれ? 「X-Server」よりお手頃ですね。
WordPressの簡単インストール機能もついていますし、商用利用もOK。
サポート体制もしっかりしていますし、老舗ですから利用者も多い。
容量や速度の点から言うと、「X-Server」の一番お手頃なプランよりもパワー不足ではありますが、初心者が始めるなら「さくらのレンタルサーバ(スタンダードプラン)」も充分ありだと思います。

「さくらのレンタルサーバ」の使い勝手のこと

実際に私が利用している(現在、オタク活動は休止中のため、正確には「利用していた」)のはWordPressが使えない「ライト」プランですので、「WordPressを使ってブログを開設する」という経験はありません。
ですが、過去の経験からいって、
  • わからないことも調べれば答えが見つかる
  • サーバー自体の不具合が少ない
これは事実です。
それから、今回調べてみて初めて知ったのですが、「さくらポケット」という機能が便利そう。
自分が借りているサーバーの使用していない領域を、写真や動画、ドキュメントのストレージとして利用できるというものです。
パソコンのブラウザでも、スマホのアプリを通しても使えるので、スマホの保存容量不足の解消や、よく使うファイルを安全に保存しておき、家でも外出先でもアクセスすることが可能になるわけですね。
しかも、「ライト」プランでも使えるという太っ腹ぶり。
これは素晴らしい。
まだ容量、たくさん残ってるんですよね。
早速使わせていただこうと思います、
「さくらのレンタルサーバ」の使い勝手の良さは
コストパフォーマンス良し。付帯サービス良し。
わからないことを調べたら、ちゃんと見つかる老舗の安心感。
こんな感じでしょうか。

初心者さんにおすすめするなら「X-Server」か、それとも「さくら」か?

価格重視なら「さくらのレンタルサーバ(スタンダード)」にします。
自分の好みで本音を言えば、コントロールパネルがいまひとつ好きではないのですが、「ブログを立ち上げてしまえば、それ以上はほとんど見ることはない」ですからね。
昔ながらのHTMLサイトなら、割としょっちゅう使うことになりますが、いまからサイトを立ち上げるなら、多分みんなWordPressでしょうし。
それに、余剰のサーバー容量をストレージとして使える「さくらのポケット」は大変な魅力です。
ただ、全くの初心者に勧めるのなら「X-Server」にするかもしれません。
それは「X-Server」だと、「サイトの常時SSL化」というセキュリティに関する設定が簡単にできるから。
もちろん「さくら」でも、設定は可能ですし、そのやり方もちゃんとオンラインマニュアルに書かれています。
検索したら、もっと具体的なやり方を掲載している記事が見つかります。
それでも、とにかくハードルを低くしたい初心者さんにとっては、マウスでちょんちょんとチェックを入れていくだけで設定が終了するというのは素晴らしいことです。
結論:ギリギリで「X-Server」の判定勝ち。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました