スポンサーリンク

無料画像サイト「Unsplash」の魅力と使い方を熱く語る。控えめに言って大好き

close-up of Unsplash text and camera stickers本日のお仕事
Photo by James L.W on Unsplash

こんにちは、まるひなです。

本日はブログに使用する画像についてです。

 

記事に使う画像、あなたはどう選んでいますか?

多くの場合、「素材サイト」と呼ばれるところから、好みの、あるいは記事の内容に合った写真やイラストをダウンロードしてきますよね。

無償のサイトから一部有償、そして完全に有償なサイトまで、サービスは様々です。

もちろん、費用が掛かるサイトの方が、素材のクォリティが高い、ダウンロードに関する制限がないといったサービス面で勝っています。

とはいえ、初心者の場合、いきなり高品質な素材サイトに投資するのがためらわれる気持ちもよくわかります。

そこで、今回は私が色々と使ってみて、「これはおすすめできる!」と思った素材サイトさんのご紹介をします。

ちなみに、私がよく書く記事の内容はこんな感じです。

  • 暮らし
  • 掃除
  • 収納
  • 料理
  • ダイエット

主に女性向けですね。

今回は、私が一番好きな「Unsplash」についてご説明します。

 

Unsplash ~私のイチオシ写真素材サイト

“Beautiful Free Images & Pictures” とタイトルに入れている Unsplash 。

その名に恥じない美しい写真の数々に、初めてのブログ開設時から惚れ込んでいます。

 

日本の写真を使うと、変に生々しくなってしまうかなという場面では、しょっちゅうお世話になるんですよね。

たとえば、冷蔵庫の中の写真やお金の写真、スーパーでのお買い物風景などです。

 

また、欧米の写真だけではなく、アジアやアフリカ諸国の写真も見つかるのがいいと思います。

日常生活の写真だけではなく、自然や建築物、食べ物や飲み物、コスメティックなどなど、本当に守備範囲の広さが頼もしい存在です。

今後、素材サイトは一か所しか使ってはダメ、などということになったら、多分私は「Unsplash」にすると思います。

 

Unsplashの使い方

サイトにアクセスします。

使いたい画像を検索します。

トップ画面の上の方に、

  • Fashion
  • Film
  • Health & Wellness
  • Interiors
  • Nature …

と大分類がありますし、検索ボックスを使用してもOKです。

 

写真にマウスポインタを合わせると、ポインタが虫メガネに変化します。

この状態でクリックすると、写真が大きく表示され、写真家や詳しい説明などを確認できます。

また、画像のサイズを大・中・小・オリジナルサイズのいずれかに指定してダウンロードできるのは、この詳細画面からのみになっています。

(検索結果一覧からのダウンロードはオリジナルサイズで行われます。)

サイズを指定したい場合は、詳細画面のDownloadボタンの右にある Ⅴ をクリックしてください。

サイズが選べるようになります。

 

使いたい写真が見つかったら、写真の下の方にある「 ↓ 」ボタン、または「Downloadボタン」を押します。

画像ファイルを保存する場所を選ぶ画面が現れますので、指定してください。

以上で、ダウンロードは終了です。

好きなだけ、何枚でもダウンロードしてください。

 

Unsplashでダウンロードした写真の取り扱いについて

Unsplashで提供されている写真は「すべての人が無料で、好きな用途で使用できる」ことになっています。

しかも、「複製・改変・配信」することさえ自由に、しかも無料でできるのです。

商用利用すらOK。

たとえば、Unsplashで見つけた画像をTシャツに印刷して販売する… ということすら許されているのです。

ちょっとこれ、信じられませんよね。

クリエイティヴコモンズ・ゼロ(CC0)というライセンスのもとでは、そう取り決められているのだそうです。

 

Unsplash で少し残念なところ

ただ、「Unsplash」はなにしろ海外サイト。

安全性は問題ありませんが、検索に日本語が使えない…

いえ、使えることは使えるようなのですが、かなり選択肢が減ってしまいます。

 

日本語で「秋」と検索した結果

Photos 52 Collections 62 Users 108

検索結果と共にデータが出ました。

52枚しかありません。

しかも、画像を見てみるとちょっと「秋」とは無関係なものも混ざっていますね。

 

今度は「fall」で検索した結果です。

Photos 13.3k Collections 10k Users 283

もうね、違いが一目瞭然でしょう。

もちろん、この中にはあなたの記事のイメージと合わないものも多いはずです。

ですが、選択肢は多い方が絶対にいい。

画像も立派な記事の一部です。

こだわって選びたいので、私は断然、候補の多さを評価します。

 

今回「fall」で検索しましたが、自動的にそれに関連する単語の候補を選べるタブが出るのも親切です。

ちょっと見えにくいのですが、クリックして拡大してみてください。

  • Autumn
  • Winter
  • Pumpkin
  • Thanksgiving
  • Halloween
  • Spring
  • Waterfall
  • Christmas
  • Fall Backgrounds …

と、タブがたくさん並んでいるんです。

ハロウィンの画像も見てみたければ、ハロウィンのタブをクリックすれば簡単に移動できます。

 

また、検索ボックスに単語を入れる時にも、候補のいくつかがあらかじめ表示されるようになっていますので、その中から選ぶことも可能です。

何げなく選んだ検索結果から、お気に入りの一枚が見つかるかもしれませんよ。

ぜひ試してみてください。

 

Unsplash の利用に必要なもの

Unsplash の利用に必要なものは特にありません。

メールアドレスを登録することによって、アカウントを作ることはできますが、これは「写真を投稿する」際に必要となります。

また、「お気に入り」を登録しておいたり、「コレクション」を作ることもできるようになるみたいですが、私は今のところこれらの機能は使っていません。

 

ただし、できれば協力したいのが、「写真をブログに掲載する際にクレジットを入れること」です。

上の写真のキャプション部分、「Photo by Jessica Fadel on Unsplash」がそうです。

高品質な写真を無償で提供していただいたことに対するお礼の気持ち、というわけですね。

これは、ぜひお願いいたします。

 

手順を示しますね。

ダウンロードボタン ↓ を押すと、

「Say thanks」という四角メッセージ欄が現れます。

これが、使用するときにはクレジットを入れてくださいね、というお願いです。

「Photo by~」以下をコピーする、もしくは その右にあるマークをクリックすれば、写真のクレジットがクリップボードにコピーされます。

ブログに写真をアップロードする際、キャプションを入力するところに、コピーした内容をペーストします。

右下の方、枠が青くなっているところです。

これでこの写真は

こんな風に表示されます。

クレジットを入れる関係上、時間のある時にダウンロードしてPCにストックしておく… というのは、少し難しいかもしれませんね。

あくまで、クレジット表記は「お願い」レベルではあるのですが…

 

Unsplash、本当におすすめです。ぜひ使ってみてください

Photo by Flaunter on Unsplash

本当は、おすすめの画像サイトをいくつかご紹介するつもりでしたが、「Unsplash」だけで長くなってしまいました。

海外のサイトなので、少し敷居が高く感じられるかもしれませんが、写真の枚数とクォリティは無料サイトの域を超えていると思います。

また、これは私の感想ですが、chromeなどブラウザの翻訳機能を使わない方が、色々な写真に出会えていいですよ。

 

「Unsplash」を使う時のコツは、

思いつく簡単な英単語から検索を始めて、

検索ボックスに出てくる候補を見てみる

検索結果の上に出てくるタブから、また次の候補を探す

ことです。

ぜひ使って、あなたの記事とサイトをさらに素敵にしてください。

本日のお仕事はこれにて。

お疲れさまでした。

 

「Unsplash」の画像を簡単に記事に使うことができる「プラグイン」の紹介記事を書きました。

どうぞご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました