スポンサーリンク

無料で使える画像加工サイト・「ILOVEIMG」でアニメーションGIFを作る

silver macbook on white table本日のお仕事
Photo by NGO TAI on Unsplash

こんにちは、まるひなです。

今日は少し珍しいことをやってみましょう。

 

 

ふたつのJPEGファイルを組み合わせて、アニメーション風(というか、パラパラマンガ風?)の動きがあるGIfファイルを作る、です。

上に載せたのはサンプルなので、大きさも絵柄も全く違う2枚を選んでいます。

実際に作成するときは、たとえば

  • 大きさとデザインが全く同じで、色だけ違うボタンのイラストをふたつ
  • 同じ画像で一部だけが違うファイルをふたつ

のような組み合わせにするといいですね。

用意するファイルはJPEGにしてください。

 

「ILOVEIMG」について詳しいことはこちら ↓

 

「ILOVEIMG」はこちら

それでは、本日も実際の画面を使ってご説明します。

以下のスクリーンショットはクリックすると別タブで大きく開きます。

 

「ILOVEIMG」で「JPEGから変換」を使いアニメーションGIFを作る

中段一番左の「JPEGから変換」をクリックしてください。

一度に複数のJPGファイルを変換できます。

また、自分のPC内からアップロードするほかに、Googleドライブやドロップボックスからも変換したい画像を選択することができます。

 

手持ちのJPEGファイルで、大きさが同じもの…

「M」と「W」をアップロードします。

あとは、右にある「GIFに変換」をクリックです。

「>」がありますので、右側に画面が進み、さらに選択肢が現れます。

「STATIC GIF」(静止GIF画像)か「アニメーションGIF」かを選べるようになっていますね。

ふたつ以上の画像をアップロードしていなければ、「アニメーション」を選択することはできません。

「アニメーションGIF」をクリックしましょう。

画像一枚当たり、何秒表示するか(長く設定するとゆっくりパタパタ)、ループさせるかどうかを設定できます。
今回は初期状態のままで作ってみます。
「画像を変換する」をクリックし、完成したファイルを「名前を付けて保存」でダウンロードします。
できあがったファイルがこちらです。

少しせわしないですね。
完成したファイルをダウンロード前に確認することはできません。
そこで、何度か試行錯誤する必要は出てくるかと思いますが、慣れればイメージしたようなアニメーションGIFを作れるようになるでしょう。

「アニメーションGIF」を作る・応用

3枚以上のファイルを使ってアニメーションGIFにする・ループしない という組み合わせで、「パラパラマンガ」のデジタル版になります。

これ、結構大変だと思うのですが、うまくいったらとても面白そう。

また、「使いたい画像はあるのにJPEGではない(たとえばPNG)から変換できない」という場合には、あらかじめ「PNG」から「JPEG」に変換するという一手間を掛けることでアニメーションGIFにすることが可能になります。

左上にエラーの表示が出ています

  1. (たとえば)「PNG」⇒「JPEG」に変換
  2. 「JPEG」⇒「アニメーションGIF」に変換

という具合です。

少し手間はかかりますが、ファイルの変換は一度に複数枚できますし、作業時間が極端に増えるわけではありません。

「JPEG変換」(上段右端)を使います。
手順は「JPEGから変換」と同じです。
画像をアップロード後、右下の「JPEGに変換」をクリック。
複数の画像を一度に変換した場合は、圧縮ファイルになっています。
解凍してください。
その後、再度「JPEGから変換」にアップロードします。
「GIFに変換」を選択し、さらに「アニメーションGIF」をクリック。
画像当たりの秒数を「1.2秒」と少しゆっくりめにしてみます。
あとは「画像を変換する」⇒「名前を付けて保存」です。
できあがったのがこちら。
ちょうど「複合加工」でフレームとコーナーをつけた順番にアニメになってますね。

 

「ILOVEIMG」ならアニメーションGIFも簡単に作れる

一見複雑そうに見える「アニメーションGIF」の作成ですが、素材があれば「ILOVEIMG」で簡単に作れてしまいます。

あとはアイディア次第ですね。

自分でイラストが描けなくても、ひらめきがあれば、素敵な作品が完成するでしょう。

あなたもぜひ、作ってみてください。

 

それでは、本日のお仕事はこの辺で。

ごきげんよう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました