スポンサーリンク

無料で使える画像加工サイト・「ILOVEIMG」の「写真エディター」で簡単な画像の加工をする~draw(フリーハンドで線をかく)

laptop on brown wooden table本日のお仕事
Photo by XPS on Unsplash

こんにちは、まるひなです。

何回かに分けて、無料で使える画像加工サイト「ILOVEIMG」(アイラブイメージ)の使い方をご説明しています。

 

簡単な画像の加工をしたいだけなら、本格的な画像編集ソフトは必要ありません。

WEB上で作業が完結する「ILOVEIMG」をぜひ使ってみてください。

無料なのに、結構色々なことができて重宝しますよ。

「ILOVEIMG」の「写真エディター」でできる作業は…

  • フィルター&ライト
  • サイズ変更
  • クロップ
  • 変換
  • DRAW
  • テキスト
  • スティッカー
  • フレーム
  • コーナー

単機能の組み合わせで、凝った加工もできます。

あとはイマジネーションというか、センスの問題かもしれません。

さて、本日は「DRAW」を見てみましょう。

「ILOVEIMG」について詳しいことはこちら ↓

 

「ILOVEIMG」はこちら

それでは、実際の画面を使ってご説明しますね。

以下のスクリーンショットはクリックすると別タブで大きく開きます。

 

「ILOVEIMG」の「写真エディター」を使う

 

「ILOVEIMG」のサイトに行きましょう。

海外サイトですが、日本からアクセスすると日本語版につながります。

時々、日本語がおかしいところがあるのはご愛嬌。

今回の「DRAW」機能は「写真エディター」内にあります。
この画面が表示されている時に、加工したい画像をアップロードします。

アップロード方法は次のいずれかになります。

  • 「画像を選択」ボタンをクリック⇒画像を選択
  • 加工したい画像ファイルを画面上にドラッグ&ドロップ

 

今回加工するのは

from シルエットAC

こちらにします。

フルサイズで1299×1299ピクセルという結構な大きさです。

これだけ大きいと、特に「DRAW」はやりやすいでしょう。

アップロードしました。

 

「DRAW」加工をする

ここだけなぜか「DRAW」と英単語のままなのですが、直訳すると「ゆっくりと、あるいは軽く引っぱる」ことを指し、「手で文字や絵をかく」という意味です。

「テキスト」では、文字を入力してフォントで表示しましたが、フリーハンドで、ということになりますね。

 

上部にあるメニューの「DRAW」をクリックしてください。

サブメニューが出てきます。

「ブラシ」の「色」「タイプ」「サイズ」をそれぞれ選べるようになっていますね。

ブラシとは、ペンだと考えても良さそうです。

 

ブラシの色を変える

あらかじめ8色が候補に挙がっています。

使いたい色をクリックしてみてください。

「ブラシのタイプ」に出ているブラシ(ペン)の色もそれに応じて変わります。

オレンジを選んだところです。色見本の丸にもうっすらと影がつきます。

左側にあるパレットを選ぶと、もっと細かく指定できます。

 

ブラシのサイズを変える

ブラシのサイズとは、すなわちペンの太さ/細さのことです。

5段階で調節できます。

一番左(極細?)から順番にマウスを使ったフリーハンドの線を引いてみました。

書き始めのところでマウスをクリックし、指を離さずにマウスを動かします。

書き終わりで指を離して下さい。

とはいえ、マウスでの操作は難しいですから、文字を書くなら「テキスト」を使う、もしくはペンタブレット(ペンタブ)をおすすめします。

 

ブラシのタイプを変える

クリックすると、さらにサブメニューが出てきます。

一番左が通常のタイプ。「実線」を引きます。

それ以外の5つで実際にかいてみますね。

 

左から2番目・ボーダー

 

左から3番目・ストライプ

 

左から4番目・バブル(?)

ゆっくり線を引いたところはしっかりと跡がつき、勢いよくマウスを動かした箇所ではドットが飛び飛びになりました。

これは面白い!ただ、極太でないと
効果が解りにくいかも…

 

左から5番目(右から2番目)・格子

 

左から6番目(一番右)・かすれ模様(?)

このブラシも、マウスを動かす勢いの違いで描画が変わりました。

ついうっかり勢いがつきすぎたりして、加減が難しいかも…

 

以上がブラシごとの特徴です。

ボーダー、ストライプ、格子は、スクラッチくじを削っているような感覚でした。

マウスを動かした下から、模様が浮き出てくるような…

ちなみに、いつもの画像で「DRAW」を試したらこんな感じ。

ブラシの色は「白」、タイプは「格子」で極太です。

「DRAW」が終わったら右下にある「保存」をクリックしてダウンロードしてください。

完成です。

上手くいったところで「適用」を押したり、こまめに「保存」⇒ダウンロードをするなど、地道なバックアップ作業をおすすめします。

「DRAW」はセンスが試される。その分、インパクトも大きい

「ILOVEIMG」の「写真エディター」から、本日は「DRAW」を試しました。
マウスを動かして、単純に何かを「書く/描く」のは案外楽しいものかもしれません。
上手くいかなかったところも、味が出るといいますか。
ただ、写真や画像の上に別の線を重ねるには、色や太さの調整が必要不可欠。
いわばセンスがモノをいう作業だと思います。
だからこそ、うまく〝ハマった〟時の注目度は相当なもの。
「ILOVEIMG」では、ブラシのタイプ、太さと色が選べますし、組み合わせによっては面白い効果が出せるはず。
あなたのセンスで、写真やイラストをもっと素敵にランクアップさせてください。
それでは、本日のお仕事はこの辺で。
ごきげんよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました