スポンサーリンク

無料で使える画像加工サイト・「ILOVEIMG」の「写真エディター」で簡単な画像の加工をする~テキスト入れ

black laptop computer on brown wooden table本日のお仕事
Photo by Aleks Marinkovic on Unsplash

こんにちは、まるひなです。

無料で使える画像加工サイト、「ILOVEIMG」(アイラブイメージ)のご説明をしています。

本日は「写真エディター」を使って、簡単な画像の加工をしてみましょう。

 

「簡単な加工」といっても、できることはたくさんあります。

  • フィルター&ライト
  • サイズ変更
  • クロップ
  • 変換
  • DRAW
  • テキスト
  • スティッカー
  • フレーム
  • コーナー

 

これだけあれば、必要なことは全部できると思います。

たとえば、

  • ブログ記事のアイキャッチ画像に記事タイトルを入れる
  • ブログサイトのロゴを作る

もちろん、ブログで使用する以外にも、

  • 暗く映っている写真の明るさを調節する
  • 顔をモザイクの代わりにスタンプ(スティッカー)で隠す

といった用途にも使えます。

たくさんの選択肢がありますので、「写真エディター」については何度かに分けてご説明しますね。

「ILOVEIMG」について詳しいことはこちら ↓

 

「ILOVEIMG」はこちら

それでは、実際の画面を使ってご説明しますね。

以下のスクリーンショットはクリックすると別タブで大きく開きます。

 

「ILOVEIMG」の「写真エディター」を使う

まず「ILOVEIMG」のサイトに行きましょう。

トップメニューから「写真エディター」をクリックします。
ちなみに、「写真エディター」という名前ですが、画像なら何でも構いません。

加工したい画像を選び、「ILOVEIMG」にアップロードします。

  • 「画像を選択」ボタンをクリック⇒画像を選択
  • 加工したい画像ファイルを画面上にドラッグ&ドロップ

切り抜きやサイズ変更の場合は、一度に複数の画像を加工できますが、「写真エディター」は1枚のみです。

前回「切り抜き」&「サイズ変更」をしたこの画像を、さらに加工します。

アップロード直後の画面です。

「テキスト」を入れる

画像に文字を入れたい場合は多いですよね。

まずは「テキストを入れる」方法です。

上段にあるメニューから「テキスト」をクリックします。

テキスト専用のサブメニューが開きます。

「テキストを追加」の「+」マークをクリックしてください。

色がわかりにくいのですが、テキストエリアが出現しています。クリックして確かめてください。

 

「ダブルクリック ヒア」というテキストエリアが現れます。

まず、このままでは見にくいので色を変えましょう。

テキストエリアが選択された状態(上下左右の4点がピンで留められたような状態)で

カラーピッカーで好きな色を選びます。

今回は白にしました。

「ダブルクリック ヒア」が見やすくなりましたね。

あらかじめ8色のバリエーションが用意されていますが、一番左側にパレットをクリックすれば中間色など、どんな色も指定可能です。

文字の透明度も調整できるという至れり尽くせりぶり。

それでは、好きな文字を入れましょう。

文字をダブルクリックすると、選択できる(書き換えができる)ようになります。

フォントも色々選べる…

と、言いたいところですが、いかんせん「ILOVEIMG」は海外サイト

日本語フォントには対応していないのでした~。残念。

と、いうわけでして、日本語を入れる場合はフォントの選択は利きません。

文字を入れたら、好きな場所に配置しましょう。

テキストエリアをドラッグするだけです。

テキストエリアの4隅をドラッグすることで、エリアの拡大縮小ができるほか、上の丸を左右に動かすことで角度をつけることもできます。

「Pacifico」という英文フォントにしました。

満足したら、右上の「適用」をクリックします。

上のメニューが、最初の状態に戻りました。

また新しい加工ができるようになります。

今回の加工はこれで終了するなら、右下の「保存」をクリックしてください。

「名前を付けて保存」ダイアログが開き、画像をダウンロードできるようになります。

また、その前に画像の保存形式を「png」もしくは「jpg」のどちらかを選択可能です。

初期状態は「png」。

「jpg」にしたければ、「Save png」と書いてあるところをクリックし、現れた「JPG」をクリックすることで変更できます。

後から画像形式を変更することも可能です。

それも「ILOVEIMG」でできますよ!

と、いうわけで、簡単な文字入れができました。

作業の途中で保存する

ひとつの作業が終わり、保存(=ダウンロード)しても、そのまま作業を続けることができます。

今回の場合ですと、テキストエリアの編集もまだ可能な状態です。

ここを確定して、間違って消さないようにしたい場合に覚えておきたいのが「マージ」です。

まだテキストエリアをクリックしたら編集できる状態

サブメニューが開いていたら、左の「閉じる」をクリックしてメインメニューに戻ります。

一番右にある「マージ」をクリックしてください。

「統合する」、「結合する」という意味で、「テキスト」を画像に変換して元の画像に組み込む作業をします。

「Objects merged」と一瞬メッセージが出て、「メニュー」の「マージ」が選択できない状態になります。(マージできるものがなくなったためです)

「テキスト」は画像と完全に統合されましたので、以後は修正できません。

その代わりに、間違って消す心配もありません。

作業途中で何枚も画像を保存するもよし、ここまでは完璧!というところでマージするもよし。

自分のやりやすい方法でどうぞ。

 

複数枚の画像を組み合わせることもできます

最初に加工する画像を選ぶ際は1枚のみでしたが、組み合わせて加工することも実は可能です。

この画面から右上の方の「開く」をクリックし、新しい画像を選びます。

上にのせた新しい画像が新たに編集できるようになっています。

色々さわってみましたが、落としどころがわからなくなりました…

こんなこともできますよ、というご参考まで。

 

画像にテキストを入れるなら「ILOVEIMG」で! 弱点は日本語フォント

silver laptop on brown wooden table

Photo by XPS on Unsplash

今回は、「ILOVEIMG」の「写真エディター」で画像にテキストを入れる作業を行いました。

本当に簡単にできますので、いざという時には思い出して使ってみてくださいね。

ただ、残念なのが日本語フォントの種類は選択できないという点です。

逆に、サイトロゴをアルファベットで作りたい、という場合にはたくさんのバリエーションから選ぶことが可能です。

色々と試して、素敵な画像を作ってください。

それでは、本日のお仕事はこの辺で。

次回も「写真エディター」を使って画像を加工します。

ごきげんよう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました