スポンサーリンク

ブログ記事に目次は必要か?作成するなら「Table of Contents Plus」でどうぞ

opened book on white textile本日のお仕事
Photo by Sinziana Susa on Unsplash

こんにちは、まるひなです。

本日は、ブログの「目次」についてです。

ほとんどのブログには、「目次」がついていますよね。

WordPressの開設手順を調べてみても、必須プラグインとして「Table of Contents Plus」が挙げられています。

また、当ブログにも、目次は表示されるようになっています。

こんな感じですね。


これも「Table of Contents Plus」で表示させているものです。

今回は、

「ブログ記事に目次は必要なのか?」

「必要だとしたら、初心者にとって一番簡単な方法はどれか?」

の2点についてまとめていきます。

 

ブログに目次は必要なのか? 必要です。

 

そもそも、私自身は「ブログに目次は不要派」です。

理由は簡単で、一度も使ったことがないからです。

検索して、これぞと思ったページを訪れた時は、上から下まで全部読みます。

途中でどんなに「つまんない」と思ったとしても…

と、いいますか、「つまんない」と思う以前に、大抵全部読み終わります。

どちらかといえば、読むスピードが速い方なんでしょうね。

ですから、

「検索」⇒「訪問」⇒「検索目的の箇所を探す」⇒「読む」

の「探す」ステップがない。

すなわち、「探す」ための手がかりである「目次」も不要なんです。

 

けれども、逆に考えると、

「検索目的の箇所を探す」ためには「目次」は必要不可欠
といえるのでしょう。
また、WEB上で検索する人たちが、記事を全部読むとは限らないことは、承知しています。
それどころか、必要なところしか読まない、というのがスタンダードであると理解しているつもりです。
ならば、「必要なところを見つけやすくするために、目次は必須」であり、いわば「閲覧者さんファースト」につながるわけですね。
「閲覧者さんにとって読みやすい記事」であれば、時間をかけて読んでもらえる可能性が上がるでしょう。
せっかく書いた記事ですから、読んでいただけるように工夫はした方がいいですね。
また、この「閲覧者さん」への便宜を図るという目的以外にも、
「目次」があることで、SEO対策になる
とされています。
「SEO対策」というのは、平たく言えば Googleさんなどの「検索エンジン」に自分のブログの情報をわかりやすく伝えて、より検索してもらいやすくすること、という感じですかね。
ウチにはこんな記事がありますよ、こういうことを探している読者さんのお役に立てると思いますよ、というアピールの一環になるわけです。
ただし、目次があれば、それだけで「アピール」になるわけではありません。
「適切な目次」、つまり、「扱っている記事の内容を正確に、端的に表した目次」が望ましいわけです。

そういう意味では、私の「お弁当」カテゴリにおける「本日のおやつ」なんてダメダメもいいところですね。

よって、「ブログに目次が必要なわけ」は2つあります。
閲覧者さんの便宜を図るため
SEO対策を行うため

目次を設定するなら、プラグイン「Table of Contents Plus」

それでは、ブログに目次を作成していきましょう。

方法はいくつかあります。

 

WordPressの「テーマ」によっては、当ブログで使わせていただいている「Cocoon」のように、標準で「目次作成機能」がついているものもあります。

「テーマ」に付属する機能を使う、というのが、まず第1の選択肢です。

有料のテーマにはついているものが多い、とされていますが、私が別のブログで使用している「STORK」には装備されていませんでした。

ついていなければ、第2の選択肢です。プラグインを入れましょう。

もし、テーマについていたとしても、プラグインを使ってもいいのです。

将来的に、「テーマ」を変更したとしても、「プラグイン」はそのまま使い続けることができますからね。

目次作成用のプラグインとして、有名なものは2種類あります。

  • 「Table of Contents Plus」
  • 「Easy Table of Contents」

 

「Table of Contents Plus」は一時期更新がストップしていたようですが、今年に入ってから一度アップデートされたようです。

最終更新日があまり古いようですと、セキュリティ的に問題が出てくる可能性が出てきますので、ここはチェックしておきましょう。

「Easy Table of Contents」は、最終更新日が5か月前でした。それほど変わりませんね。

ならば、有効インストール数が多い「Table of Contents Plus」にしましょう。

ブログに必要なのは、「長い物には巻かれろ」の精神です

 

「Table of Contents Plus」のインストールと設定方法

プラグインのインストール方法は、すべて共通していますので、ご存じの方は読み飛ばして下さい。

 

「Table of Contents Plus」をインストールし、有効化する

メニューの「プラグイン」から「新規追加」を選び、検索ボックスに「Table of Contents Plus」と入れて検索します。

似たようなものも含めて出てきますが、このイカリマーク(?)のものを選んでくださいね。

「今すぐインストール」⇒「有効化/Activate」を順にクリックします。

これでインストールは完了です。

 

「Table of Contents Plus」を設定する

次に「設定」です。

「Table of Contents Plus」は、基本的にはインストールしただけで、自動的に目次を作ってくれるのですが、「設定」をしそこねるとまったく働きません。

実は私、以前から管理しているブログにも「Table of Contents Plus」を入れていたのにもかかわらず、目次が生成されていませんでした。

変だな~、どうして~?

と、ずっと悩んでいたのですが、設定がダメだったんですね。

ようやくわかりました。

 

メニューから「設定」を選び、さらに「TOC+」を選択します。

色々とカスタマイズできるところがありますが、まずここです。

何はなくとも「以下のコンテンツタイプを自動挿入」の「post」にチェック
初期状態ではここにチェックが入っておらず、従って「記事(=post)」の目次が作成されない、というおそるべき罠が仕掛けられています。
これさえチェックしておけば、あとは何でもいいです。
といってもいいくらい、ここが重要です。
見出し下のスクリーンショットを確認して、忘れずにチェックしてくださいね!

ブログに目次は設置すべき。「Table of Contents Plus」を使えば簡単

「本日のお仕事」では、
  • ブログに目次は必要か否か
  • 目次を作るならどれが一番簡単か

についてまとめました。

 

個人的には、ブログに目次は不要派ですが、管理人視点では

  • 閲覧者さんが目的の箇所を見つけやすくするため
  • SEO対策のため

という2つの理由から、「目次は必須」という結論になります。

 

そして、簡単に目次を作成するなら、プラグインの「Table of Contents Plus」をおすすめしています。

くれぐれも、「設定」の「コンテンツタイプ」の箇所にある「post」をチェックすることをお忘れなきよう。

チェックがなければ、いつまでたっても目次は生成されません。

それでは、「本日のお仕事」はこれにて終了です。ごきげんよう。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました