スポンサーリンク

ブログにサイトマップを作成し、表示する方法。ほぼリアルタイム作業

white-and-blue cards on white surface本日のお仕事
Photo by Mitchell Luo on Unsplash

このブログは思いつきで始めたこともあって、まだ色々なところが未完成です。

今後、少しずつ作業を進めていく過程も記録していきます。

そういうわけで、カテゴリ名の通り「本日のお仕事」は「サイトマップを作る」です。

実際に作業をしながら撮ったスクリーンショット満載でご説明します。

サイトマップは閲覧者視点でも管理者視点でも重要

さて、サイトマップというのは、サイト内の全ページを階層構造で記したページのことです。

サイト全体の目次と考えることもできます。

たとえば、会社の組織図や、文化祭などでの担当班分け表を思い出していただければ、大体見当がつくのではないでしょうか。

このサイトマップがあると、どんなメリットがあるのかは以下の通りです。

閲覧者さんが、サイト内容を一覧しやすくなる
検索エンジンのクローラーが、サイト情報を収集しやすくなる
つまり、サイトマップは閲覧者さんにも、Googleさんのクロールボットにも役に立つものだ、ということです。
これはすなわち、サイト管理者にもメリットがあるということになりますね。
閲覧者さんが快適に閲覧できるサイトを作ることも、検索ボットがサイトを訪問しやすいようにするのも、サイト管理者にとっては重要なことですから。
それでは、「サイトマップ」を作りましょう。

プラグイン・〝PS Auto Sitemap〟をインストールする

サイトマップを作成するために一番手軽だと思われる方法は、プラグインを使うことです。

プラグインは、WordPressをパワーアップさせるのに使うさまざまな付加機能をもったプログラム。

RPG系のゲームでいうなら装備品ですね。

そして、サイトマップ作成のプラグインで、おそらく一番使われているのが「PS Auto Sitemap」。

どうやら現在は開発がストップしており、「使用中のWordPressバージョンで未検証」という表示が出ていますが、特に問題が発生したという事実はありません。
私が運営している他のサイトでも、不具合は起こっていません。

プラグインのインストールは

左メニューの「プラグイン」⇒「新規追加」

検索窓に「PS Auto」などと入れて検索し、見つかったら「今すぐインストール」をクリック

右上の「Activate」や「有効化」をクリック

これでインストールは成功です。

〝PS Auto Sitemap〟の設定をする

インストールは難しくないのですが、ここからどうすればいいのかが、少々わかりにくいかもしれません。

以下、作業画面のスクリーンショットはクリックすると別窓で大きく開きます。

まず、左ページの「固定ページ」をクリック⇒「新規追加」をクリック

記事タイトルを入れます。

「サイトマップ」、「Sitemap」、「宝の地図」などお好みで。

一旦、「下書き保存」をして、「PS Auto Sitemap」の設定欄に移ります。

左側の「設定」メニューの中に「PS Auto Sitemap」があります。
ここをクリックすると、設定欄が開きます。

下の方にある「ご利用方法」を探します。

以下のコードを入力します。

の下1行をコピーします。
(「入力」とありますが、コピー&ペーストで構いません。)

コピーできたら「固定ページ」に戻り、今度は「固定ページ一覧」から先ほどの「サイトマップ」の編集を選びます。

「テキスト」モードの画面で、先ほどコピーしたコードを貼りつけます。

切り替え方法は記事タイトルの右下にあるタブで「テキスト」を選択すればOK。

貼りつけたら、更新を忘れずに行ってください。

こんな感じ ↓ になります。

「◆サイトマップ◆」というタイトルの下に、「パーマリンク:https://hinawork.com/page-143」という表記がありますね。

この「143」という数字が、当サイトの「サイトマップ」というページに割り当てられた記事のIDです。

環境によって変わってきますので、以下はご自分のWordPressに表示された数字に置き換えて読んでください。

さて、もう一度、「PS Auto Sitemap」の設定に戻ります。

上から4番目の、「サイトマップを表示する記事」に「サイトマップの記事ID」を入れます。

うちの場合は「143」です。

入力したら「更新」

最後に、もう一度「固定ページ」に戻ります。

「固定ページ一覧」から「サイトマップ」の編集をするよう選び、「記事のパーマリンク」を書き換えます。

ちなみに、この一覧画面でも記事IDは確認できます。

数字を忘れてしまった場合は、この画面から確かめてください。

「page-143」を「sitemap」と上書きし、「OK」を押します。

これで完了です。お疲れさまでした!

厳密に言えば、「パーマリンク」を「数字のID」にしたままでも構いません。
ただ、管理上、わかりやすくするために、書き換えをおすすめします。

無事「サイトマップ」が完成! …でも、実はまだ不十分

これで「サイトマップ」のページは完成しました。

一度作ってしまえば、あとはどれだけたくさんの記事を追加しても、「PS Auto Sitemap」が自動的にサイトマップを更新してくれます。

めでたしめでたし。

…といいたいところなのですが、作っただけでは閲覧者さんがこの「サイトマップ」を見つけることができないんですね。

そこで、わかるところに「サイトマップへの道案内」を出さなければなりません。

これは次回に持ち越すこととさせてください。

 

以上、「本日のお仕事」は

  • サイトマップは色々な意味で重要なので、ぜひ作成を!
  • プラグイン・「PS Auto Sitemap」を使用してサイトマップを作成するまでの道のり

でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました