スポンサーリンク

「All in One SEO Pack」の設定解説~NO INDEX設定、RSSコンテンツ設定、詳細設定、キーワード設定

silver laptop on brown wooden table本日のお仕事
Photo by XPS on Unsplash

こんにちは、まるひなです。

「本日のお仕事」は、「All in One SEO Pack」の「一般設定」最終回となります。

取り上げる内容は

  • Noindex設定
  • RSSコンテンツ設定
  • 詳細設定
  • キーワード設定

 

になります。

ここまで完了できれば、一安心。

早速、設定しましょう。

 

各スクリーンショットは、クリックすると別窓で大きく開きます。

「All in One SEO Pack」のインストールから始めるならこちらをどうぞ

 

「All in One SEO Pack」~Noindex設定

  • カテゴリーに noindex を使用する :チェックを外す
ここでは、サイト(ブログ)全体のうち、「インデックスしない」ものを選択するようになっています。
カテゴリーはインデックスしてもらった方がSEO対策になりますので、チェックを外しましょう。
一方、タグにはSEO効果はないと言われていますが、私はチェックを外し、インデックスしてもらうようにしています。
  • NOINDEX をデフォルトにする
  • NOFOLLOW をデフォルトにする

の2つ、特に各「投稿」と「固定ページ」にチェックが入っていないことを確認してください。

他の箇所には、全部チェックを入れてOKです。

Noindexを設定する理由は大きく分けて2つ

サイト(ブログ)全体をインデックスするか否かの設定をするのが、今回の「Noindex設定」です。
各記事ごとに設定する場合は、記事の投稿画面から個別に設定できます。
Noindex設定とは、検索エンジンに記事をインデックスさせない、つまり検索画面に表示させないようにする設定です。

記事の質が低いと判断できる場合

検索エンジンは、「良質な記事」と「低質な記事」を選別します。
もし、自分のブログ内に後者の割合が高いと判断された場合、ブログ全体の評価が下がってしまうのです。
悪貨は良貨を駆逐する、ということですね。
ですから、あらかじめ「この記事は、あまり表に出さない方がいいかな」という判断ができるのであれば、Noindex設定をしておく必要があるのです。
「低質な記事」というのは、たとえば「単なる日記」。
書き手の自己満足オンリーの内容といえます。

今日は久々にユニバーサルスタジオジャパンに行った。
新アトラクション、サイコー!!

 

たとえて言えば、こんな内容ですね。

もし、「新アトラクション」についての詳しい情報

  • 待ち時間や、待っていたときの感想
  • 詳しい内容(ネタバレに関しては配慮)
  • 事前に知っておくともっと楽しめそうな予備知識

などがあり、整理して記述しているのなら、その限りではありません。

あくまで、「記事を読んだ人にとって有益な情報を提供できているかどうか」が重要です。

 

記事の内容に問題がある可能性が高い場合

もうひとつ、「記事の質」の他に考慮したい要因は、「記事の内容」です。

実は私、こちらの方がよほど心当たりがあるのですが、「検索除けを徹底する必要があるサイト・ブログ」もあるということですね。

未成年を含む一般の人に、不用意に見られるのが好ましくないものを扱ったサイト、著作権的にグレーなコンテンツが多いサイトは「Noindex」必須です。

 

いわゆる「二次創作」を扱っている私の趣味のサイトは全ページ「Noindex Nofollow」となっています。

 

ですから、こうして「Googleさんのクローラーにきてもらって、アクセスを上げよう!」という試みは、逆に新鮮と言いますか、未だに慣れません。

 

まとめます。

「Noindex設定」の必要があるのは

  • 質が低いと思われる記事
  • 内容に少々問題を含んだ記事

の場合です。

普通は、記事を投稿する際、個別に設定します。

サイトを同好の士だけに見てもらいたい、という場合には、この「Noindex」設定を使ってください。そして、自ジャンルのサーチを見つけて登録すればOKです。

 

「All in One SEO Pack」~RSSコンテンツ設定

 

そのままでOK
RSSコンテンツ設定は、第三者によってWordPress内のRSSフィード(記事の内容を通知する文面)から記事内容をコピーされないように守る設定です。
投稿直後に記事内容をコピーされ、別のサイトに公開されてしまうと、検索エンジンにコピーサイトの方がオリジナルと誤認される可能性があるためです。
「All in One SEO Pack」は、RSSフィードに自サイトと元記事の情報を追加してくれます。
それによって、記事が自分のサイトに表示されたことを証明することができるのです。
既に入っている内容のままで、
「この投稿は、最初にまるひなワークスで現れた(書かれた)ものです」
というリンクを含んだ文言が入りますので、そのままで構いません。
サイトタイトルや投稿者名を入れるアレンジも可能です。
詳しくは公式サイトの ↓ をどうぞ

「All in One SEO Pack」~詳細設定

 

  • Descriptionを自動生成する :チェックを入れる
  • 自動生成説明文に本文を使用 :チェックを入れる

 

それ以外は空欄でOKです。

 

Descriptionを自動生成する

検索エンジンに表示されるときの説明文を自動生成するかどうかの選択です。

これを有効にする(チェックする)と、「投稿の抜粋」から情報を抜粋して説明文が自動生成されるようになります。

「投稿の抜粋」がない場合は、記事の冒頭から160字ほどが表示されます。

WordPress自体も同じ機能を持っていますが、それよりも長い字数で表現できるのがメリットですね。

SEO効果が高くなると言われていますので、チェックするのがベターです。

ただ、検索エンジンは自動生成のディスクリプションではなく、オリジナルの、つまり自分で書き込んだディスクリプションを高く評価するのが事実です。
余裕があれば、一記事ずつ書き込みたいところですね。
「ディスクリプション」、「投稿の抜粋」を記述する箇所は、投稿ページの下の方にあります。

自動生成説明文に本文を使用

「Descriptionを自動生成する」をチェックしたら、ここにもチェックしましょう。

ここにチェックを入れると、「投稿の抜粋」を自動生成文に使用せず、本文のみが使われることになります。

チェックがなければ、「投稿の抜粋」が優先されるということですね。

 

自動生成された説明でショートコードを実行する

説明文に、ショートコードを適用するという意味です。

たとえば、ショートコードを使った文字装飾がそのまま検索結果にも反映される… ということかと思いますが、通常、チェックは不要です。

 

ページ区切り付きページの説明を削除する

ニュースサイトの記事のように、ひとつの記事が何ページかに区切られている場合の設定です。

チェックを入れると、2ページ目以降の説明文が削除されます。

同じ説明文のページが複数あると、「Google Seach Console」からの警告対象となるためです。

こちらも、チェックは不要でしょう。

 

長い Description を短くしない

「All in One SEO Pack」での説明文の記述が途中で切れてしまうのを防ぐ、という意味です。

が、もともとGoogleさんの検索結果でも、最大で160字程度しか表示されませんので、チェックしても劇的な変化は見込めません。

チェック不要です。

 

添付ファイルを親投稿へリダイレクトする

記事内に、PDFファイルなどを添付ファイルとして挿入している場合に関係してきます。

クリックすることで、そのファイルの送信元に飛んでいくことができるようになります。

通常は特に意味を持ちませんので、チェックは必要ありません。

 

固定ページを除外する

何らかの理由で、記事内容の説明文を表示させたくない記事に使用します。
使う可能性は低いと思います。チェックは要らないでしょう。
使用する場合の記述の仕方は ↓
「除外したい記事」のURL、または記事タイトルを記入し、半角のコンマ(,)で区切る
以上で詳細設定は終了です。

「All in One SEO Pack」~キーワード設定

「無効」でOK
少し意外ですが、ここは「無効」のままで構いません。
その理由は、
現在は「キーワード設定」をしてもSEO効果はない
とされているためです。
「All in One SEO Pack」の公式ページにも、その旨はっきりと書かれていますので事実なのでしょう。
ただ、今でも設定をすることは可能です。
「有効」をクリックすると
いくつか設定項目が現れます。

「All in One SEO Pack」のNoindex設定、RSSコンテンツ設定、詳細設定とキーワード設定が終了

person using black laptop computer on brown wooden table

Photo by XPS on Unsplash

お疲れさまでした。

 

  • Noindex設定
  • RSSコンテンツ設定
  • 詳細設定
  • キーワード設定

 

以上が終了したことで、「All in One SEO Pack」の「一般設定」はすべて完了です。

これで、あとは「いい記事を書く」ことに集中することができますね。

 

とはいえ、「All in One SEO Pack」にはまだ設定できる項目が残っています。

せっかくなので、それらについても解説を続けるつもりです。

 

次回は、

  • パフォーマンス

について取り上げます。

それでは、「本日のお仕事」はこれにて。ごきげんよう。

 

※参考にさせていただきました

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました