スポンサーリンク

2021年1月7日・七草・旧神嘗祭・一粒万倍日 の食事

本日のお弁当
from写真AC

こんにちは、まるひなです。

本日も開運日。

そのココロは

  • 七草
  • 旧神嘗祭
  • 一粒万倍日

開運要素がぎゅっと詰まった一日でしたね。

ですが、本日摂りたい開運食材は1種類だけ。

七草粥

≪参考にしているのは 天然石アクセサリーのお店・MagicWands さんの発行されているメルマガです≫

1月7日、といえばもう「七草粥」ですよね。
ですが、さすがにお弁当にするのはためらわれましたので、夕食で何とかすることに。
やりようはあると思うんです。
せっかくスープジャーを持っているのだから、やれないことはない。
でも用意するのが正直面倒、というあたりが私のズボラぶりを物語っています。

1月7日は「五節句」のひとつ、「人日の節句」です

from写真AC

「3月3日」は「桃の節句」、「5月5日は端午の節句」など、奇数月プラスその月と同じ日は「節句」と呼ばれる節目の日です。
「7月7日」は「七夕」、「9月9日」は「重陽」ですよね。
大きな「節句」は年に5回あります。
このパターンから考えると、残りの一日は「1月1日」…
となりそうなものなのですが、実は「1月7日」です。
その名も「人日(じんじつ)の節句」
言葉を見ただけでは、どんな内容なのかがわかりませんね。
「人日の節句」は中国由来で、意味は文字通り「人の日」。
古代中国には、元日から一日ごとに動物を当てはめて占いをする風習があり、7日目に「人間」の番が回ってくるので、大切な日と定めたとされています。
どうして1日目に「人間」を当てなかったのか、あるいは、キリスト教でも「7日目」は特別な日だったな、などといろいろ不思議に思うのですが、とにかく1月の節句は例外的に「7日」なのです。
また、中国では「人日の節句」には「七種類の野菜を入れた羹(あつもの。熱いスープ的な料理)を食べて無病を祈る」という風習がありました。
それが「七草粥」になったのは、日本の風習である「若菜摘み」と結びついたからという理由のようです。
百人一首にもありますよね。
「君がため 春の野にいでて 若菜摘む」
です。
下の句は
「わが衣手に雪は降りつつ」
「春の野」なのに「雪」なのは、本来は旧暦の1月7日で、今の暦では2月中旬だから、と知れば納得。
また、日本独自の意味合いとして加わったのが、
「七草粥を食べることで邪気を祓い、一年の無病息災と五穀豊穣を祈る」
ということ。
日本の暦や風習って、何かというと、邪気を祓ったり五穀豊穣を祝っているなと感じるのですが、それだけ切実なことだったというわけですね。

本日の食事

青果を使っての七草粥を作りたいのはやまやまですが、技術がありません。

と、いうわけで使ったのはフリーズドライ。

これ、2回分あるんです。

と、いうことはですよ、本来の「人日の節句」、つまり「旧暦の1月7日」にもちゃんと七草粥が作れるというわけです。

もしフリーズドライの七草を買ったけど余らせてしまった、という場合は旧暦の1月7日にもう一度おかゆを炊いてみませんか?

おみそ汁などに入れて使ってもいいとは思うのですが、せっかくですから、ぜひ。

ちなみに、今年の旧暦の1月7日は

2月18日(木)

です。

 

次の開運日はいつ?

from写真AC

次の開運日は1月8日。

大安
取り入れたい開運食材はこちら。
  • 玉ねぎ
  • カブ
  • 鶏肉
  • しょうが
  • 白ネギ

う~ん、いつもの大安食材と少し違いますね。

「カブ」が少し難しいかも…

 

開運日はまだ続いていきます。

できるだけ開運食材を取り入れる、開運行為を実行するということで、運気は上り調子になりそうです。

また、これからの1週間は、お米、もち米を楽しむことでも開運効果があるのだとか。

ごはんはもちろん、おにぎり、お寿司、お餅にお団子…

おせんべいやおかきもかな?

色々ありますね。

 

それでは本日はこの辺で。

ごきげんよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました