スポンサーリンク

2020年12月21日・冬至・大安 のお弁当

本日のお弁当
from写真AC

こんにちは、まるひなです。

本日は久しぶりの開運日。

  • 冬至
  • 大安

です。

冬至は風水を含む東洋哲学では非常に重要な節目の日。

また、今年の冬至は西洋占星術の観点から見ても「時代の転換点」とさえ言える日の前日なのだそうです。

どうやら今年は、価値観や生き方が大きく変わる節目の年に運命づけられていたようですね。

 

とはいえ、「冬至に食べるべきもの」は変わりません。

取り入れたい開運食材はこちら。

「ん」がふたつ付く食べ物

≪参考にしているのは 天然石アクセサリーのお店・MagicWands さんの発行されているメルマガです≫

冬至は「一陽来復」、明日から再び陽に転ずる日です

from写真AC

一年のうち、最も日の短い日が冬至です。

東洋哲学では太陽はその名の通り「陽」なので、日の短い秋冬(秋分以降)は「陰の季節」とされます。

そして、「陰」が極まったのが「冬至」。

この日を無事に過ごせば、「陰は陽に転ずる」。

日照時間は長くなり、大気には陽の氣が満ちていく。

そう聞いただけで、心も晴れ晴れしてきませんか?

 

冬至のことを、「一陽来復」とも呼びます。

簡単に解釈すれば、「太陽が復活する」というイメージですね。

「一陽来復」という言葉には、

悪いことが続いた後で幸運に向かうこと
という意味もあります。
今年一年のことを振り返るこの時期に、ぴったりな言葉だと思います。
陰が陽に転じ、星占いの世界では新しい時代が来る。
いい運氣に乗って、楽しく軽やかな新年を迎えたいですね。

本日のお弁当

まだがちがちに凍っていますが、「大豆のトマト煮」のなかに「にんじん」が入っています。
それからちょっと珍しいのが「レンコンスティック」。
若干シャキッとしたフライドポテト…? という感じ。
海苔の風味が強いこともあってかレンコンっぽさは薄め。その分食べやすくはあります。
ひとくち団子は「柚子」でした。
これで2種類。
夕食は名古屋名物・味噌煮込みうどんうんどん)。
かぼちゃなんきん)のプチコロッケもつけています。
そして本日の秘密兵器。
寒天のお菓子「珈琲ふぁふぁ」。
「寒天」も「ん」がふたつ付く食材だということに先日気がつきました。
一辺が2㎝くらいの立方体で、ややねっちりした感じのムースです。
ムースと言ってもグミのように常温で保存できるタイプ。
小腹が空いたときにいいですよ。
と、いうわけで5種類の「ん」がふたつ付く食材を食べることができました。
日本酒と岩塩を入れた柚子湯にも入って、しっかりと厄を落としたので、明日からまた頑張りたいと思います。

次の開運日はいつ?

from写真AC

しばらく開運日が続きます。いい感じに上昇気流に乗っていきましょう、という流れですね、コレ。

そういうわけで、次の開運日は明日12月22日。

そのココロは

  • 強化日
  • 一粒万倍日
  • 上弦の月(8:41)
開運要素が重なってますね~。
その上、さらに木星と土星が重なる「グレートコンジャンクション」が3:00ごろ風の星座で起こる、と。
今までの200年間は土の星座で起こっていたものが、今後の約200年は風の星座で起こるようにシフトするので、西洋占星術では時代・価値観の転換と捉えられるそうです。
パッと切り替わるものではないそうですが、もう既に社会の在り方などに変化が現れていることを考えれば、本当に時代の変わり目にいるのかもしれません。
さて、そんな日に取り入れたい開運食材とは…
納豆・小豆・コーンなどの豆類
なんと、普通に豆類の日でした。
ちょっと安心したというか、肩透かしを食らったというか…
それでは、本日はこの辺で。
ごきげんよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました