スポンサーリンク

2020年11月23日・勤労感謝の日・新嘗祭 の食事

本日のお弁当
from 写真AC

こんにちは、まるひなです。

今年最後の祝日、そして三連休でしたね。

本日は

  • 勤労感謝の日
  • 新嘗祭

すべての勤労に、そして神様に感謝を。

 

本日取り入れたい開運食材は以下の通りでした。

  • 米(特におにぎり)
  • じゃがいも
  • 炭酸
  • ぶどう

≪参考にしているのは 天然石アクセサリーのお店・MagicWands さんの発行されているメルマガです≫

 

じゃがいもがなぜ今日の開運食材に入るのか、その辺りが少し謎ですね。

原産地は中南米なので、日本に入ってきたのはそれほど古くはないはず。

(とはいっても、17世紀のようですが)

「勤労感謝の日」、「新嘗祭」とはあまり結びつかないイメージです。

うーん、難しい。

 

「勤労感謝の日」の由来は「新嘗祭」。五穀豊穣に感謝する日です

from 写真AC

「勤労感謝の日」は、戦後制定された祝日です。

勤労を尊び、生産を祝い、国民がたがいに感謝しあう日

元々「新嘗祭」ということで、五穀豊穣に感謝し、神様に収穫を捧げる日(お祀り)でした。

ところが、天皇が関わる祭祀は廃止するというGHQの方針によって、「新嘗祭」は「勤労感謝の日」へと様変わりしたのです。

また、以前からアメリカの「感謝祭(Thanksgiving)」と似ているな~と思っていましたが、アメリカの「感謝祭」と「労働者の日(Labor Day)」を合わせて作られたという説もありました。

是非はともかく、労働・お仕事と、そこから得られる食べ物に感謝する日… と考えると、一年の最後に来る祝日にふさわしい、意義のある一日だと思います。

特に今年は、仕事が忙しかった人、極端に少なくなってしまった人、それぞれに大変で、仕事について真剣に向き合う機会も多かったことでしょう。

この先、まだどうなるかわかりませんが、毎日頑張っている皆さんに感謝。

そして曲がりなりにも頑張っている私自身にも、「よくやってるよ」と言ってみました。心の中で。

 

本日の食事

多分今日の開運食材でネックになるのが「鯛」。

そこで、コレです。

と、いうわけで、十五穀米のおにぎり米・大麦・はと麦)、板わさ入りかまぼこ)。

おにぎりの具は粉吹きしいたけでした。

お盆にすき間がある、何か忘れているような、と思ったらじゃがいもでしたね。

プチコロッケをふたつ、追加でいただきました。

夕食で4品。

朝食で

果肉入りのぶどうゼリー、フルグラ(オーツ麦小麦ふすまなど)。

炭酸飲料として、ストックしてある鉄分強化の機能性飲料を飲みました。

これで全6品、クリアです。

 

次の開運日はいつ?

from 写真AC

次の開運日は、明日11月24日。

そのココロは

十日夜
です。
十日夜のことは、つい最近まで知らずに過ごしてきました。
名月を愛でる機会は、十五夜、十三夜、そして十日夜の3回なんですね。
幸い、お天気も良さそうですし、きっちり見届けたいと思います。
夜はかなり寒そうではありますが。
取り入れたい開運食材は
  • 団子
  • 納豆・小豆・コーンなどの豆類

となっています。

豆の日とお月見仕様の複合体制…?

昨日の開運食材だったえんどう豆スナックのビーノがまだありますし、あとはお団子を調達できればいいかな。

さて、本日はこの辺で。

ごきげんよう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました