スポンサーリンク

2020年11月16日・八専終・大安 のお弁当

本日のお弁当
from 写真AC

こんにちは、まるひなです。

開運日が続きます。

本日は

・八専終
・大安

です。

取り入れたい開運食材はこちら。

納豆・小豆・コーンなどの豆類

≪参考にしているのは 天然石アクセサリーのお店・MagicWands さんの発行されているメルマガです≫

私が「ボーナス日」のように考えている、「豆類」推奨の日でした。
食材は「材料として使われている」のでもOKだそうなので、「お豆腐」でも大丈夫ですね。
大豆だけでなく、枝豆やひよこ豆、レンズ豆など、色々試してみるのも楽しいと思います。

八専の期間中は雨が多いって本当?

from 写真AC

本日で「八専」が終わります。
「八専」は歴注と呼ばれる暦の注意書きの中で、「選日(せんじつ)」もしくは「雑注」と呼ばれるうちのひとつです。
あまりメジャーではなく、載っていないカレンダーも多いですよね。
私も、今回調べてみて初めて知ったことがたくさんありました。
中でも、
  • 八専の期間中は雨が多い
  • 八専の初日が晴れなら期間中は雨が多く、初日が雨なら晴れの日が多い
というお天気に関することが目につきました。
しかも、微妙に意味が違います。
実際に、今回11月5日からの名古屋のお天気を振り返ってみたところ、気持ちのいい秋晴れの日が多かったですね。
初日は晴れ。
二日目に軽い雨が降りましたが、長引きもしませんでした。
つまり、今回の八専に関しては、どちらの説も当てはまりませんでした
今回の八専期間中のデータだけでは何とも言えませんが、昔は八専とお天気とを結びつけて、旅立ちの日程や家の改築修繕、婚礼の日としては避けるべき、と予定を立てたのだそうです。
また、「雨が多い」説では「八専は農家にとっての凶日とされている」と述べられていました。
現代では天気予報の精度も上がり(私が子供の時に比べると、ますます進歩していると感じます)、暦に頼ってお天気を予測する必要などありませんが、昔はそういうわけにもいきませんでしたからね。
予測が外れて困ったことになったことも多かった… のか、それとも「八専とお天気」にまつわる言い伝えがいまだに残っていることを考えると、それなりに根拠があることなのか。
どちらにせよ、暦って本当に面白いですね。
私は、暦や一部の占いは「迷信」ではなく「統計」だと考えています。
データの積み重ねであろう、と。
膨大なデータを収集し、整理分析することで、いつか真理に至るのではないかな、と。

だからこそ、「風水」にも興味があるんですよね。
おまじない的なものだと思われがちですが、本来は統計がベースにあるものなので。

本日のお弁当

「豆の日」恒例メニュー。
十五穀米(「黒大豆」、「小豆」、「とうもろこし」)と「大豆のトマト煮」。
さらに「薄皮つぶあんぱん」(小豆)。
夕食でも納豆と十五穀米を食べました。
…寝る前にホットミルクを飲むのが習慣なのですが、その時にうっかりあんぱんを食べてしまいそうな気がしなくもありません。
ともあれ、本日もしっかり開運食材をいただきました

 

次の開運日はいつ?

from 写真AC

次の開運日は、明日11月17日。

そのココロは

天赦日
「天赦日」は最大級の吉日です。
チャンスをしっかりつかみましょう。
また、十干十二支でいうところのはじまりの日である「甲子(きのえね、こうし)」が重なります。
それによって、長く続けたいことを始めるには最適な日という意味を持つのだそう。
なかなかレアなチャンスですね。
取り入れたい開運食材は
納豆・小豆・コーンなどの豆類

明日も豆類の日です。

これは勝ち確。

それでは、本日はこの辺で。

ごきげんよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました