スポンサーリンク

2020年10月3日・一粒万倍日 の食事

brown and white heart shaped coffee art本日のお弁当
Photo by Joel Muniz on Unsplash

こんにちは、まるひなです。

本日も開運日です。

そのココロは

一粒万倍日
「大安」同様、結構な頻度で巡ってくる吉日ですね。
そして、今日取り入れたい開運食材は以下の通り。

納豆・小豆・コーンなどの豆類

≪参考にしているのは 天然石アクセサリーのお店・MagicWands さんの発行されているメルマガです≫

甘いものも、しょっぱいものも選り取り見取り。
好みのタイプの豆類を選べばいいので、取り入れやすいですね。
こういう、比較的簡単な食材の時だけでもいいので、なにかちょっとやってみる、というのが開運につながるのかな、という気がします。

一粒万倍日はポジティブな気持ちで過ごしたい

from 写真AC

何か新しいことを始めるのに良し、とされている一粒万倍日ですが、特に何もできずに終わってしまいそう… と、ガッカリするのはちょっと待ってくださいね。
一粒万倍日は、「一粒の種からたくさんの成果が実る」という意味の吉日です。
やる気の種、親切の種、お掃除の種、など、本当に些細なことでも、種として何かを始めることができればそれでいいんです。
いつもはモノでごちゃごちゃしているキッチンカウンターを少し片づけた。
玄関に出しっぱなしのサンダルを靴箱にしまった。
来年のカレンダーに家族の誕生日を書き込んだ。
どうということはないように思いますが、こういうことも充分立派な種です。
それだけでも、確実に何かは変わったのだと思います。
逆に「あ~、何にもできなかった。私ってやっぱりダメかも…」なんてネガティブになってしまうのは避けたいところです。
マイナスの気持ちも種になります。
そして、マイナスの方向に育ってしまうのです。
ですから、できなかったからと言って、自分を責めることはないですよ。
そもそも、一粒万倍日は割としょっちゅうやってきます。
私がこのブログを始めたのが9月9日。
以来、一粒万倍日が巡ってきたのは今日ですでに4回目。
そのうえ、今月はあと4回も一粒万倍日が来るんです。
月に4回くらいチャンスがあるなんて、結構多いと思いませんか?
やろうと思っていたことがあるのなら、次のチャンスの日にやればいいだけの話です。
「今日は何もできなかった」
ではなく、
「今日はゆっくりして調子を整えた」
とか、
「いつもやっていることを、今日も一生懸命頑張った」
とポジティブに考えるといいのではないでしょうか。
もちろん、寝る前にちょこっとドアノブを拭いてみたり、洗面所の排水口に詰まり防止剤を流し込んだり、といった簡単なお掃除などができれば、それに越したことはないと思います。
お掃除だけでなく、ストレッチをしてみる、ツボを押してみるというのもいいアイディアですね。
本当に簡単なことでいいんですよ。

本日の食事

 

ごはんは十五穀米。「黒大豆」、「小豆」、「とうもろこし」が摂れる優れモノです。

そして納豆

鉄分補給メニューの鶏レバーと野菜の炒め物に「苗」が入っていますが、これは豆にカウントされるのでしょうか…?

 

おやつに食べたカールは「とうもろこし」になるのかどうかも謎です。

「納豆」が挙げられているところを見ると、どうも「豆」という「形」に重点が置かれているのかな、とも思いますし。

でも、まぁ「今日もしっかり開運食材をいただきました!」とポジティブに考えますよ~。

 

次の開運日はいつ?

from 写真AC

次の開運日は、少し間が空いて10月8日(木)。

そのココロは

  • 寒露
  • 大安

です。

二十四節気の「寒露」、来ましたわ~。

美しい言い回しが多いので、二十四節気と七十二候が大好きなんです。

これも、旧暦に興味を持つようになった理由のひとつですね。

 

取り入れたい開運食材はこちら。

  • 季節のフルーツ
  • 旬のもの

 

なるほど。

梨やぶどう、それからサンマあたりでしょうか。

カボチャやさつまいも、意外にもジャガイモも旬を迎えているようです。

意外といえば、「天然ウナギ」や「イクラ」も10月が旬なのだとか。知りませんでした。

スーパーであれこれ見てくるのが楽しみです。

それではこの辺りで、ごきげんよう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました