スポンサーリンク

2020年9月22日・社日・秋分の日 の食事

gray clouds over the horizon本日のお弁当
Photo by Anton Darius on Unsplash

4連休もあっという間に終わりそうです。

充実した連休を過ごせたと思いますが、もう少し頑張ればよかったかな…

図書館とスーパーへの買い物に行けた、という目標ラインを越えただけで良しとしますか。

さて、本日も開運日でした。

  • 社日
  • 秋分の日

です。

そして、本日取り入れたい開運食材はこちら。

  • おはぎ
  • 人参
  • 薄切り豚肉とチーズの組み合わせ

≪参考にしているのは 天然石アクセサリーのお店・MagicWands さんの発行されているメルマガです≫

 

「秋分の日」は大体わかりますが、「社日」は聞いた覚えがありません。

そこで、今日は「社日」について調べます。

 

社日って、どんな日?

「社日」の読み方は「しゃにち」。

「二百十日」などと同じく「雑節」と呼ばれる日のひとつで、生まれた土地の守り神である「産土神(うぶすながみ)」を祀る日なのだそう。

この「社日」は年に2回あり、「春分の日、秋分の日にそれぞれ一番近い戌の日」と決まっているのだとか。

今年の「秋の社日」=「秋社」(しゅうしゃ、あきしゃ)は、「秋分の日」当日と重なったんですね。

ちなみに、由来は古代中国にあり、「社」は土地の守護神、土の神を意味します。

私は生まれた土地から遠く離れてしまいましたが、産土神は他所に移住しても、一生を通じて守護して下さるそうです。

こんなことを知ると、びっくりしますね。

私は今まで一切意識したことがなかったのに、もしかしたら神様はずっと守ってくださっていたのかと思うと、ありがたいというかなんというか。

よし、明日からも頑張って生きよう。

 

さて、土地の神様をお祀りする、ということは、今の季節ですと「実りの感謝」にもつながります。

「暦」に出てくる言葉を調べていくと、「大地」への感謝や、地域共同体への帰属意識などを感じることが多いですね。
こういうものが、多少なりとも、自分にも受け継がれているのかなという気もします。

 

本日のおやつ

おはぎ」です。

昔はあんこをはじめ、和菓子類全般が好きではありませんでした。

今でも、おはぎは苦手な部類。あの、お餅になりきっていないところがダメなのかも…

1個入りのが見つかって良かったです。

 

本日の食事

えぇと、ごはん()、豚肉と野菜のチーズクリーム炒め。(薄切り豚肉&チーズ人参

それから「」入りの野菜ジュース。

これでコンプリートですね!

 

チーズクリームの正体は、シーザーサラダドレッシング

これだけで充分チーズなのですが、さらにいつもお弁当に入れている鉄分強化チーズを少し加えました。

他にほんだしと、オイスターソースを少々。

クリーミィで、マカロニと合わせても美味しいと思います。

 

次の開運日は?

次の開運日は9月24日(木)。

そのココロは

上弦の月(10:54)
「秋分の日」が「太陽の陰陽バランスデー」だとすると、「上弦の月」は「月の陰陽バランスデー」に相当するのだとか。
バランス、大事ですね。
そして取り入れたい開運食材は以下の通り。
  • きのこ
  • 大根
  • 蜂蜜
  • ぶどう
  • プリン

あー、大丈夫。

これなら手持ちの食材+今日買ってきたもので何とかなりますわ。

個人的にはプリンが嬉しい。楽しみです

それではこの辺で。ごきげんよう。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました