スポンサーリンク

2020年9月17日・八朔・八専終・新月 のお弁当

white clouds and blue sky本日のお弁当
Photo by Corina Rainer on Unsplash

本日も開運日。

しかも

  • 八朔
  • 八専終
  • 新月(20:00)

と、3つも要素が重なっています。

こういう日には、いつも以上に過ごし方に気をつけることで、開運効果が上がりそうな感じがします。

特別難しいことをするのではなくて、公共の場所に落ちているちょっとしたゴミを始末したり、スーパーで誰かが全然無関係の棚に置いていった商品を元の場所に戻したり、というような些細なことです。

私は会社のゴミを捨ててきましたよ。

さて、今日は3つ重なっている要素のうち、「八朔(はっさく)」について調べてみました。

「八専(終)」と「新月」は、まだこれからも回ってくる要素ですが、「八朔」は「八月一日」のこと。
つまり、今日を過ぎたら来年まで巡ってこないからです。

 

八朔って、柑橘類のことじゃないの?

まず、多くの人が抱くであろう疑問が

「八朔」ってみかんみたいな果物でしょ?
暦とか開運と、何の関係があるの?

ということではないでしょうか?

私も初めはそう思いました。

ですが、暦でいう「八朔」は「八月朔日」の略で、ストレートに日付を指しているだけなんですね。

ちなみに、「朔日(さくじつ)」は「一日(ついたち)」です。

 

そして、「八朔」がなぜ暦に記されているのかというと、「稲作」と関連性が高いから。

ちょうど早稲が実る嬉しい収穫のころであり、「二百十日」、「二百二十日」と並ぶ荒天の時期でもある、という理由のようです。

収穫したばかりの新米を、お世話になった方に贈るという風習もあったそうです。

 

ただ、現在の暦では「八朔」は年によって時期がかなり前後することもあり、必ずしも台風シーズンと一致しない場合もあるのだとか。

また、旧暦では「朔日」=「新月の日」となります。

今日の開運要素としても上げられている「新月」は、風水にとって、とても大切なもの。

そして、間もなくやってくる金運アップイベントのひとつ、「中秋の名月」は、この「八朔」に生まれます。
やはり「八朔」は特別なんですね。

今日の開運食材はこちら。

  • 黒胡麻・白胡麻
  • 丸いおにぎり
  • 柚子

≪参考にしているのは 天然石アクセサリーのお店・MagicWandsさんの発行されているメルマガです≫

 

今日のお弁当

まず「ミニオムレツ」で「」を確保。

昨日と同じになっちゃったけど、まぁ気にしない

そして「十五穀米」の中に「黒胡麻・白胡麻」が両方入っています。

おまけに、おやつとしてクリーム玄米ブランの「ごま&塩バター」を食べました。

 

これでだいぶいい感じ。

あとは、夕食で「新米」を炊いて「丸いおにぎり」に挑戦するつもりです。

うまくできるかな…

と思っていたら、「柚子」要素をすっかり失念していたことに気づきました。

でも大丈夫

私は高知アイスの「おいしいんだもの ゆずシャーベット」が好物で、冷凍庫には大体いつも入っています。

本当に美味しいの、コレ。

奮発して、食後のデザートにします。

これで4点、コンプリート! (予定)

 

次の開運日は?

man in white long sleeve shirt standing on brown grass field during daytime

Photo by Dan Russo on Unsplash

彼岸入
である9月19日(土)が、次の開運日となります。
開運食材となるのは
  • 里芋
  • だんご
  • オリーブ

なんとなく、秋を思わせるラインナップですね。

お月見のイメージというか。

また、4連休はすべて開運日!
会社は休みなのでお弁当は作りませんが、積極的に開運食材を取り入れたヘルシーな食事を心がけたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました