スポンサーリンク

2020年9月10日・二百二十日&下弦の月 のお弁当

本日のお弁当
Photo by James Lee on Unsplash

ここ、名古屋では天候が不安定な日が続いています。

 

今日も午前中、お昼、午後、そして夕刻と既に4回、時間は短いものの、結構な雨が降りました。

外では、また雷が鳴っているところ。

薄暮の空には、まだうっすらと光が残り、雲の層の薄いところと厚いところの差がはっきりとわかります。

そして蒸し暑い。
とにかく蒸し暑い。

こう暑いと、まだまだ食中毒に対する警戒が必要ですね。
お弁当の安全には気をつけます。

さて、本日は風水的にチェックしたい日。

二百二十日 下弦の月(18:25) 大安

ところで、二百二十日って?

Photo by NASA on Unsplash

「二百二十日」は、今まであまり意識したことがありません。

どちらかというと、「二百十日」の方がよく耳にするように思います。
読み方は【にひゃくはつか】と【にひゃくとおか】。
「立春」から数えた日数を指しています。
立春は旧暦のお正月、一月一日に相当するので、基準となるわけですね。
そして、なぜ「二百十日」や「二百二十日」をわざわざ数えるのかというと、まず稲の開花や結実の時期だから。
更にもうひとつ、台風がやってきて農作物に被害が出る時期だから、です。
つまり、農作業に携わる人々にとって、最大限に警戒すべき頃、ということですね。
また、「二百十日」は暦によって変わってきますが、「防災の日」とほぼ同じ。
その流れで、「二百十日」の方が耳にする機会が多いのかもしれません。
昨年も、そして今年も、大型の台風が襲い掛かってきたことが、まだ記憶が新しいところ。
防災意識を高めながら、過ごしたいものですね。
さて、本日の開運食材は以下の通り。
多分「二百二十日」だからの食材ではなく、「下弦の月」対応食材だと思います。
  • クリーム系のもの
  • ティーソーダ
  • ジンジャーエール
  • シャンパン

≪参考にしているのは 天然石アクセサリーのお店・MagicWands さんの発行されているメルマガです≫

お弁当に取り入れるなら「クリーム系のもの」でしょうね。

今日のお弁当

「グラタンコロッケ」をイン!

マクドナルドの定番限定メニュー、あのグラコロに似た味わいで、サイズが小さくても意外と満足できます。
ちなみにソースはかけない派です。

これで開運食材ひとつをクリア!

あとは夕食と間食ですね。

帰宅の途中で買い物をしてきまして、

  • ジンジャーエール
  • シュークリーム

などをゲット。

更にマカロニ入りのクリームシチューを作る予定です。

「クリーム系」と言われても、意外と漠然としていました。

世の中には「トマトクリームソースのパスタ」なんていう素敵メニューもありますしねぇ。

でもまぁ、これで、今日もクリアでしょう。満足です。

次の開運日は?

Photo by James Lee on Unsplash

次の開運日は、明日9月11日。

そのココロは旧地蔵盆

取り入れたい開運食材は以下のもの。

納豆・小豆・コーンなどの豆類

ちょうど、納豆も買ってきていました。

お弁当には入れられませんけど。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました